ブレーキの試作開発製造ならブレーキメーカー.com

CATEGORY ブレー記

ブレーキ、摩擦、制動に関するよもやま話です。

  • 2021.11.25

自転車で赤切符切られた話からあらためて学ぼう。

最近、Twitterで話題になっていた体験談。 自転車で赤切符切られた話 先日呟いたらレポート需要があるとのことなので、つらつら書いていきたいと思います。主観と心の声がうるさいと思いますが、気が向いたら読んでみてください。 遡ること3週間ほど前仕事が休みだった義理母に0歳息子を預けて、自転車で買い出しに出ました。 — あしゃ (@asami2692) November 17, 2021 あしゃさん […]

  • 2021.09.07

ブリヂストン「BLOUSON」ブレーキ交換レポートVOL5・最終話・巨匠ジウジアーロデザイン

前回のレポートVol4では、 前輪ブレーキの取り付けの様子を紹介しました。 去る吉日、 いよいよオーナーの手島氏へ生まれ変わったBLOUSONの引き渡しが行われました。 1980年半ば、ちょうどBLOUSONがデビューした頃、 手島氏は大学で生産デザインを学んでいました。 通学のための自転車を探していたところ、ひとめでこの自転車を気にいって購入し、 毎日の大学への道のりがとても楽しいものとなったそ […]

  • 2021.08.05

ブリヂストン「BLOUSON」ブレーキ交換レポートVOL4・前輪にもドラムブレーキ・巨匠ジウジアーロデザイン

レポートVol3までは、後輪ブレーキの交換の様子を紹介しました。 今回は前輪ブレーキの取り付けです。 BLOUSONの前輪には、 リムブレーキではなく、ドラムブレーキがついていたようです。 “〜ようです”と表現するのは、 持ち込まれた車体からはブレーキ本体が取り外されいて、 ドラムのみがついているという状態たっだだめです。 前輪をはずし、ついていたドラムをはずし、 バンドブレーキ取り付け作業をはじ […]

  • 2021.07.20

ブリヂストン「BLOUSON」ブレーキ交換レポートVOL3・後輪ブレーキ交換その2・巨匠ジウジアーロデザイン

前回のブリヂストン「BLOUSON」ブレーキ交換レポートVOL2・後輪ブレーキ交換・巨匠ジウジアーロデザイン のように、 ブレーキのクランクレバーの位置の違いのため、もともとついていたワイヤーの長さが足りないという問題が起きたので、ワイヤーを交換することになりました。 BLOUSONのブレーキワイヤーはフレームの中をとおっていて、 チューブごと全て抜いてしまうと再びフレーム内をとおす自信がなかった […]

  • 2021.07.02

ブリヂストン「BLOUSON」ブレーキ交換レポートVOL2・後輪ブレーキ交換・巨匠ジウジアーロデザイン

前回のレポートVol1のように、BLOUSONの後輪ブレーキはブリヂストンDINEX。 ハブの互換性バッチリ。ということで、同じ内拡式のKARASAWAサーボブレーキに交換します。 ブレーキワイヤーを外し、スタンドを外し、本体から車輪を外し、ブレーキケースを外し、 助っ人の技術顧問の登も登場しつつ、ここまではわりと順調に。 そして、いよいよドラム外しへ。 小さな市販の専用工具を使ってトライしてみた […]

  • 2021.06.14

ブリヂストン「BLOUSON」ブレーキ交換レポートVOL1・巨匠ジウジアーロデザイン 

イタリアの⼯業デザイナー、ジョルジェット・ジウジアーロ⽒は アルファロメオ・ジュリアスプリントをはじめ、 デトマソ・マングスタ、マセラッティ・ギブリ、フォルクスワーゲン・ゴルフ、ロータス・エスプリ、フィアット・パンダ等、 ⽇本⾞では いすゞ・117クーペやピアッツァ、スバル・アルシオーネSVX、トヨタ・アリストなどなど その他数多くの名⾞を世に送り出しています。 その巨匠がデザインを⼿がけたブリヂ […]

  • 2021.04.13

ブレーキ性能の肝「摩擦材」と「レジン系ブレーキライニング」

ブレーキ開発で肝となる「摩擦材」。 制動力の大小だけではなく、 マイルドな効き、ロックするほど強い効き、などなど 「ブレーキをどのように効かせるか?」(効き感)を制御することも摩擦材の大切な要素です。 摩擦材を数種類〜十数種類の材料(原料)を混ぜて攪拌し、 フェノールレジンで固めたものが、 「レジン系ブレーキライニング」といわれるものです。 レジン系ブレーキライニングは、 摩擦材の他に、ブレーキの […]

  • 2021.03.02

トルクを効果的に伝えるための技術について

前回の記事のように、 計算上のトルクが大きくても、それが効果的に伝わらなければ制動トルクは小さくなってしまいます。 わたしたちは、止める対象に効果的にトルクを伝えるために、素材と機械機構を工夫してブレーキ開発を行なっています。 1.バンドブレーキ 記事:ママチャリのブレーキを意識したことありますか 記事:総冠式バンドブレーキの誕生とメーカへの転身(バンドブレーキ誕生と変遷物語・4話) 上記の記事で […]

  • 2021.02.09

ブレーキ開発に必要なトルクのはなし

トルクといえば、自動車のエンジンパワーを確認するためによく聞く言葉。 一般的に言うと、モノを動かしたり引っ張ったりする力を表す単位として使われている場合が多いですね。 「最高出力357kW(485ps)/6,400rpm、最大トルク588Nm(60.0kgf・m)/3,200-5,200rpm」とか。。。 実は、ブレーキにも「制動トルク」という言葉がよく使われます。 「制動トルク」は、自動車(クル […]

  • 2021.01.15

ブレーキ開発に重要な摩擦力のこと

ブレーキは摩擦力を利用した製品です。 摩擦力とは、モノ同士が互いに接しているときに、それらの間の運動を妨げる力をいいます。 動いているモノを止めるときに発生するだけはなく、静止しているモノを動かそうとしたときにも発生します。 そう考えると、世の中は摩擦だらけですね。 ボルト、釘、マッチなども、この力を利用しているし、 車輪が駆動力を得るのも、地面との間にはたらく摩擦力の作用です。 (ウィキペディア […]

1 4